眉のお手入れ・メイク

【眉毛の枝毛や切れ毛】原因と対策は?おすすめの眉毛美容液は?

2022年4月18日

【眉毛の枝毛や切れ毛】原因と対策は?おすすめの眉毛美容液は?

眉毛も髪の毛のように枝毛や切れ毛になってしまうことがあります。

眉毛の枝毛や切れ毛状態になっているのは、眉毛そのものが傷んでしまってるからです。

 

そこで、眉毛が傷むことによって起こる

枝毛や切れ毛につながってしまう原因と対策について紹介します。

眉毛の枝毛の原因

眉毛の枝毛の原因は

  • 乾燥によるダメージ
  • 必要な栄養が眉毛に上手く届いていないから
  • 手入れ不足により伸び切ってしまってるから
  • 眉毛を引っ張る癖があるから
  • 摩擦によるダメージ
  • ブリーチやカラーにダメージ

の6つが挙げられます。

乾燥によるダメージ

眉毛の保湿不足によって起こってしまいます。

保湿されていないつまり乾燥している状態が続いてしまうと、毛が裂けて枝毛につながってしまうのです。

 

なぜ眉毛の乾燥が起こってしまうのか?

その具体的な要因として

  • 洗顔のし過ぎ
  • 洗顔料に含まれてる洗浄成分が強いものを使ってる
  • 保湿剤を塗るなどのケアが足りない
  • 紫外線ダメージを受けている

ことが挙げられます。

必要な栄養が眉毛に届いていない

眉自体が栄養不足に陥り、毛がスカスカになって枝毛につながります。

栄養が十分に届いていないと、柔軟性が無くなり、艶も消え、

毛が裂けやすくなり枝毛となってしまいます。

手入れ不足によって眉毛が伸び過ぎになる

伸びて長さのある眉毛は刺激を受けやすくなり、その分ダメージが眉毛に蓄積します。

 

特に毛先がダメージを受けやすくなるので、

手入れをしないことで伸びた毛先がダメージを受け、毛が裂けて枝毛となります。

眉毛を引っ張る癖がある

眉毛を引っ張ってしまうと、眉の表面にあるバリアとなってくれるキューティクルが剥がれ

バリア機能が弱くなり、潤いも逃げ、外部刺激を受けやすくなり、毛自体の質が悪くなることが枝毛になります。

摩擦ダメージ

普段の生活で洗顔やタオルで強くこすってしまうこと、搔いてしまうことが多い、

うつ伏せで寝ているなどの要因があると、眉毛がもろくなり、ダメージを受けやすくなり枝毛を作ってしまいます。

ブリーチや眉カラー

髪の毛の色に合わせたり、オシャレ目的で行っている方もいますが、

ブリーチや眉カラーに含まれてる成分によって刺激となり

眉毛がパサつき、ブリーチやカラーをすることで眉のバリア機能を持つキューティクルが開いて染めるので

水分が逃げて乾燥が進みます。

よって、ブリーチやカラーを続けると乾燥や成分によるダメージで枝毛につながります。

枝毛対策

ポイント

原因が分かったところで、枝毛ができてしまった時の対策はどうしたら良いのかを紹介します。

眉毛の枝毛対策に必要なのは

  • 枝毛を専用のはさみを使って根元付近からカットすること
  • トリートメント効果が期待できる眉毛美容液を使ってケアを行うこと

です。

 

毛は抜いてしまった方が手っ取り早いと思われますが、

毛を抜くことで抜いた跡が外部刺激を受けやすくなり、乾燥による枝毛がよりできやすくなってしまう為、

ダメージを軽減するためにもはさみでカットするのが良いのです。

 

そして、枝毛を切るだけでは根本的な解決にはならないので、

トリートメント効果のある眉毛の美容液を使ってのケアをすることでより枝毛対策効果を高めていきます。

 

眉毛美容液にはいろいろなものがありますが、

トリートメント効果のあるものを選んで

バリア機能を高めて眉毛を強くし、艶を出し、枝毛に負けない眉毛を育てます。

眉毛の切れ毛の原因

はてな

眉毛の切れ毛の原因として

  • 栄養バランスの乱れ
  • 保湿不足
  • キューティクルが剥がれてる
  • 紫外線ダメージ
  • 間違った眉毛カットをしている
  • カラーをしていること

が挙げられます。

 

保湿不足や紫外線ダメージは枝毛の原因にもなっているので、

枝毛も切れ毛も保湿不足や紫外線などの外部刺激が原因になっていることが分かります。

栄養バランスの乱れ

食事の栄養バランスと眉毛は実は関係があって、

栄養バランスが乱れていると眉毛に必要な栄養が届かないので

切れ毛になりやすくなります。

 

↓ 眉毛に良い栄養や食べ物はこちらで紹介しています。

眉毛を生やす・濃くする食べ物や栄養素は?
眉毛を生やす・濃くする食べ物や栄養素は?

保湿不足

保湿が足りないと乾燥するだけでなく、眉の質も悪くなり、切れ毛が増えます。

キューティクルの乱れ

外部刺激から守ってくれるバリアの役割となるキューティクルは

ゴシゴシこすったりなどの摩擦で簡単にはがれて切れ毛になってしまいます。

紫外線ダメージ

紫外線によるダメージを受けると水分がなくなり、眉毛の乾燥が進み、切れ毛につながってしまいます。

間違った眉毛カット・カラー

そして、間違った眉毛カットもカラー剤もダメージが残りやすく、

その部分が刺激を受けやすくなって切れ毛になってしまいます。

切れ毛対策

ポイント

眉毛美容液でケアする

切れ毛対策として、枝毛対策と共通するところもありますが、

眉毛専用の美容液を使ったケアが挙げられます。

 

洗顔後後に美容液を塗り、

眉毛の保湿成分や潤い成分を眉毛に浸透させることで切れ毛に負けない眉毛を目指せます。

眉毛に必要な栄養分を届けることもできるので、眉毛の質も良くなりますよ。

 

(^^)/ おすすめは育毛剤にも使わている成分などがギュッと詰まったAgrow Eyes【アグロウアイズ】

私もこれで眉育してます。

紫外線対策

さらに、切れ毛対策として紫外線対策も必要です。

紫外線によるダメージが原因となってるので、日焼け止めや日傘、帽子をかぶるなどの紫外線対策を欠かさず行います。

まとめ

女性

眉毛の枝毛や切れ毛の原因は共通する点が多く、

保湿不足、栄養不足、ケア不足などで眉毛の質が落ちて、刺激を受けやすくなり

結果として枝毛や切れ毛につながってしまうことが分かります。

 

対策としては

眉毛美容液を使うことや、紫外線対策などを心がけて眉毛の質を向上させることが

枝毛や切れ毛を防ぎ、強くて健康的な眉毛を育てることにつながります。

 

眉毛美容液は眉毛のための成分がしっかり入っているものがおすすめですよ。

私はAgrow Eyes【アグロウアイズ】でケアしたら、眉毛の質が変化(剛毛→ふんわり)してきました!

しなやかで良い眉毛になってきたので、「やっぱりお手入れすると違うんだな~」と思いました。

↓ こちらで紹介しています。

メニーナジューアグロウアイズ
眉毛美容液のメニーナジュー【アグロウアイズをレビュー】生えた?みんなの口コミは?安く買えるのはどこ?

おすすめ眉毛美容液

メディアなどでも紹介されている、眉毛美容液のラインナップ載せておきますね(*´▽`*)

全てまつ毛にも使えますよ♪

アグロウアイズ

話題の「ヒト幹細胞」配合
オーガニックで肌に優しい

  • ミノキシジル誘導体 (ボリューム・潤い)
  • ヒト幹細胞 (思い出したかった記憶を呼び起こして環境を整える)
  • リデンシル (幹細胞を増やす部分にアプローチ)
  • 加水分解卵殻膜 (土台を作る)
  • 加水分解ケラチン (補強・キューティクルを保つ)
  • コラーゲン (3種類配合)

≫≫映えるヒロイン女子に♪まゆ毛美容液アグロウアイズ

ジューシージョリー

ジューシージョリー

  • ガゴメエキス (フコイダン含有のフサフサ成分)
  • 10種類のオーガニック成分
  • 14種類のボタニカルエキス

96%美容成分でコンディションを整える

SNSで話題のジェル美容液♪

≫≫ジューシージョリー

EYES(アイズ)

  • リンゴ幹細胞 (保湿に優れている)
  • 保湿成分ナノファイ (内部まで届くうるおい成分)
  • 10種類のまつ育・まゆ育成分配合

約8000店舗のサロンで使われている美容液!

≫≫EYES(アイズ)

-眉のお手入れ・メイク

© 2022 カモン眉毛 Powered by AFFINGER5